オムレット 低糖質

洋菓子 レシピ

ここでは、クックパッドで「オムレット 低糖質」と調べたときに出てきたレシピを紹介しています。

「クックパッドで人気のレシピを作りたい」
「美味しいレシピを知りたい」

という方は、ぜひ参考にしてください。

[:contents]

「オムレット 低糖質」で出てきた人気レシピ3選

≪つくれぽ:16件≫ ふすま粉のクレープ・オムレット(低糖質)

材料(3〜4枚分)をタップで開く

ふすま粉:20g
粉寒天:小さじ2分の1
卵:1個
豆乳または牛乳:100ml
ラカントなど(もしくは砂糖):小さじ2
塩:少々
焼く時用のバター:適量

≪つくれぽ:1件≫ ダイエットに♪簡単レンジで低糖質あん巻き

材料(4本分)をタップで開く

微粉末おからパウダー:大さじすり切り3
サイリウム:小さじ半分
ベーキングパウダー:小さじ1
シュガーカット0:小さじ1弱
卵:ひとつ
水:100g
低糖質こしあんID6368611:適量

≪つくれぽ:1件≫ レンジで簡単おからオムレット

材料(4枚分)をタップで開く

おからパウダー(微粉タイプ):20g
牛乳:50ml
卵(Mサイズ):1個
はちみつ:10g
ベーキングパウダー:4g
酢:小さじ1/2
米油:10g

お菓子作りに関する豆知識5つ

最後に、色んな人から聞いたお菓子作りのコツ・豆知識をまとめておきます。

もしかしたら参考になるのがあるかも知れないので、良かったらご覧ください。

スポンジを綺麗に焼きたいには、卵を湯煎をし続けるのではなく、砂糖が溶けたときに湯煎をやめて泡立て続けます。

ただ夏場の室温が高い場合は、湯煎なしでも綺麗にできます。

クッキーやマカロンなど、同じ大きさで焼きたいのに型がない場合は、クッキングシートの裏に瓶やペットボトルの蓋など丸い底をあてながらボールペンで一周円をかきます。

ひっくり返して書いた円のサイズで絞れば、すべて同じ大きさで作ることができます。

スコーンを作るときは、小麦粉、砂糖、バター、牛乳等の材料を直前まで冷蔵庫に入れておきます。

そのほうがこねるときに扱いやすいです。

あと暑い時期に作るとこねる作業中に温度が上がってきてベタつくことがあるので、そうなったときは整形前に30分ほど冷蔵庫に入れると扱いやすくなります。

生クリームを泡立てるとき、特に5月から9月の暑いシーズンはボソボソになりやすい上に溶けやすいです。

なので最初はハンドミキサーで6分立てにして、泡だて器に持ち替えナッペ用に7分立て、別のボウルでデコレーション用に8分立てにすると上手に出来ます。

フルーツサンドをつくるとき、完成してからラップで密閉して一度冷蔵庫で寝かせます。

数時間後に食べることによって、パンと生クリームが馴染んでしっとり美味しくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました