バウムクーヘン 低糖質

焼き菓子 レシピ

ここでは、クックパッドで「バウムクーヘン 低糖質」と調べたときに出てきたレシピを紹介しています。

「クックパッドで人気のレシピを作りたい」
「美味しいレシピを知りたい」

という方は、ぜひ参考にしてください。

[:contents]

「バウムクーヘン 低糖質」で出てきた人気レシピ1選

≪つくれぽ:1件≫ しっとり♥低糖質バウムクーヘン糖質1g

材料(一口サイズのキューブ型16個分)をタップで開く

★大豆粉(みたけ):50g
★アーモンドプードル:50g
★ベーキングパウダー:8g
★小麦ファイバー(アレルギーの人はシトラスファイバー):10g
★サイリウム:4g
☆常温に戻した卵(L):2個
☆溶かした発酵バター(無塩):40g
☆マヨネーズ:5g
☆バターフレーバーオイルまたはサラダ油など、好みのオイル:40g
☆ラカントホワイト、または好みの甘味料:85g
生クリーム:20g
無糖ヨーグルト:40g
バニラオイル:5〜6滴
ラム酒:小さじ1

お菓子作りに関する豆知識5つ

最後に、色んな人から聞いたお菓子作りのコツ・豆知識をまとめておきます。

もしかしたら参考になるのがあるかも知れないので、良かったらご覧ください。

チョコレートを溶かす時は、出来るだけ細かく刻み、必ず湯煎します。

よく「適当に小さく折って、電子レンジでチン」とありますが、絶対に上手く行きません。

手で折っただけではどうしてもダマになるし、電子レンジもメーカーごとに違いがあるしその日の気温によってもムラが生じます。

何にせよチョコレートのお菓子づくりはテンパリングが命なので、この段階から手抜きすると失敗する確率が格段に上がるので、注意が必要です。

マカロンをつくるときは、オーブンに入れる前に乾かしてからではないとひび割れする可能性が高まって、綺麗に出来ません。

出来れば数時間室内で放置した方が出来上がりは綺麗ですが、時間のない場合はドライヤーの冷風を当てて表面を乾かすこともできます。

人差し指で表面に触れて、手にマカロン生地がつかなくなったら焼くといいです。

絞りだしのクッキーをつくるとき、クッキングシートに絞ってから冷凍庫で1時間程度冷やします。

夏場だと2時間ほどです。

その後オーブンで焼くと、綺麗な仕上がりになります。

クッキーやマカロンなど、同じ大きさで焼きたいのに型がない場合は、クッキングシートの裏に瓶やペットボトルの蓋など丸い底をあてながらボールペンで一周円をかきます。

ひっくり返して書いた円のサイズで絞れば、すべて同じ大きさで作ることができます。

メレンゲをつくるとき、冷やしておかないと失敗することが多いです。

でも時間がないのに冷えていないという時は、ボウルに氷と塩と水を少し入れ、別のボウルに卵白を入れてそれを氷水の入ったボウルに当てながらやると上手くできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました